しつけを行う際、どのような理由があっても暴力がNGな理由

こんにちは。ドッグトレーナーの照沼由紀です。

しつけやトレーニングに関して、お教えしている中で、

  • 怒鳴る
  • 首輪を引っ張る

など、

  • しつけに関しては、どこまで良いのか?
  • しつけと暴力の境目

に関してよくご質問を頂きます。

率直に解答させて頂くと、人が人にしていけない事は、動物にもしてはいけない、するべき行為ではありません。

そこで今回は

  • どの様なことが暴力になるのか?
  • なぜ暴力がNGなのか?

に関して、ご説明させて頂きます。

しつけを行う際、どのような理由があっても暴力がNG

暴力というと

  • 蹴る
  • 殴る
  • 耳を引っ張る
  • 力づく
  • マズルを掴む
  • 怒鳴る
  • 精神的に追い詰める

などが挙げられます。

当然ながら、このような方法はオススメしません。

人が人にしていけない事は、動物にもしてはいけない、するべき行為ではありません。

何故、犬に対して、暴力を振るう人ががいるのか。

お話を聞いていると、以下のパターンが多く聞かれます。

  • 犬に対して、どのように教えたらいいのかが、解らない
  • 手取り早く言うことを聞かせられる
  • 相手が人ではなく犬だから

しかし、これらの理由に関しては、人としても、動物愛護の観点からも、いい事は何一つありません。

相手が「犬」ということをまずはしっかりと考えてください。

犬は言葉を発する事は出来ません。
そして、犬が本気で咬んだら、咬む場所によっては、簡単に人は死んでしまいます。

犬にイヤな事をしたら、「イヤだ」「辞めて」と伝えてくるのは、当然の行動なのです。
それでも、犬たちは加減しているのを忘れては、いけません。

もし、この意思表示すらしないように「しつけ」をするというのは、精神的暴力になると思います。

人も心を支配されると通常とは違う行動、言動が出てくると思います。これは、犬も同じです。

犬は感情のある動物です。

何かのきっかけで、犬の気持ちがプツリと切れた時、人では手におえない事が、起こり得るのです。

チカラづくで教えなくても、伝える方法は他にも沢山あります。

チカラづくで教えなくても、他にも伝える方法は沢山あります。

そのため、「犬がイヤな事」とわかっているならしなければいいのです。

どうしても、イヤな事をする必要があるのだとすれば(病院の注射など…)、済んだ後は、とびきりのご褒美をあげるなど、もっともっと犬の気持ちを理解して、あの手、この手とポジティブな方法を教えて、試してみてください。

暴力は、一瞬で行動は止まるかもしれませんが、関係性を壊してしまいます。

犬にとって今後の暮らしがストレスフルになる、性格にも悪影響になる事を忘れてはいけません。

    前の記事

    「おて」を教えてみよう!